技術系 土木

鉄道本部 工務部 建設課

まだ地図にない「未来図」をいかに描き、実現していくか。
プロフェッショナルの手腕が問われる。

所属部署の役割・使命

鉄道本部 工務部

工務部は、線路や土木構造物、建築物などの工事および保守・管理を担っています。建設課では、主に連続立体交差事業の工事計画や調査、設計、行政との調整を担当しており、現場で施工管理を担う連続立体交差化事務所との連携のもとに業務を進めています。

01現在の仕事内容は?

安全・快適な「街づくり」につながる
連続立体交差事業を推進。

連続立体交差事業とは、線路の高架化や地下化によって踏切を除去することで、安全性の向上や交通渋滞の解消などをはかるもの。行政が主体となり進めるこの連続立体交差事業に、西武鉄道も積極的に協力し、安全で快適な「街づくり」を目指し、沿線各地で推進しています。私は現在、その実現に向けた事前調査や計画立案、行政をはじめ関係各者との調整などを担っています。連続立体交差事業は規模が大きく長期にわたるため、さまざまな配慮が求められますが、完了すれば周辺の生活環境を大きく改善できます。その日を無事に迎えられるよう、生まれ変わった「街」に暮らす人々の笑顔をイメージしながら、日々の業務に励んでいます。

02仕事の難しさややりがいは?

「点」ではなく「線」で考えるために、
広い視野と柔軟さが求められる。

連続立体交差事業は、これまでに担当していた土木工事とは大きく異なります。その特徴は、工事区間が駅やトンネルといった「点」ではなく、複数駅にまたがる「線」であること。影響の及ぶ範囲が広く、関係者も多岐にわたりますので、ほかの工事には無い難しさがあります。そうした難事業を成功に導くためには、工事区間だけでなくその周辺地域全体を見渡す「俯瞰的な視点」や、計画から完成に至る工期全体を見通す「長期的な視点」を併せ持つ必要があります。また、自ら立案した計画に固執せず、現実と照らし合わせながら修正を加えていく「柔軟さ」も求められます。さまざまな経験を通じて、エンジニアとしてだけでなく、一人の人間として成長できる実感が、この仕事のやりがいだと言えるでしょう。

03西武鉄道ならではの魅力は?

幅広い「立場」を経験することで、
多くの関係者の「想い」を知る。

計画・設計にあたっては、利用する方、沿線にお住いの方、工事を担う方など、多くの関係者全てに満足していただける結果を導かねばなりません。そこで問われるのが、立場も価値観も異なる関係者それぞれの「想い」を、いかに理解するかです。本社勤務となる前に携わった工事の経験を生かし、また、日々の運行を担う運輸部と連携して、お客さまの「声」を共有させ、さらに、私の場合は事業主体である東京都に出向した経験があることから、行政の立場や考えもよく把握できました。こうした経験全てを財産に、これからも関係者一人ひとりの「想い」に寄り添いながら、より良い計画づくりに努めます。

キャリアステップ

1年目保線技術員や土木工事担当として、
現場でしか得られない経験を積む。
入社後は工務部上石神井保線所に配属され、保線技術員として鉄道工事の基本を学びました。その後、工務部建設事務所に異動して大規模土木工事を担当。上司や先輩方の指導のもと、日々変化していく現場を経験することで、土木工事の全体像を把握しました。
6年目現場から本社へと移り、
それまでとは違った視点で工事を見つめる。
本社に異動となり、工務部施設課に配属。それまでとは立場も一変し、工事が実際に着手されるまでに、どれだけの協議や調整が必要かを知りました。1年後には建設課に移り、学生時代からの念願だった連続立体交差事業を初めて担当しました。
8年目東京都に出向。
事業の計画者に必要な知識や人脈を得る。
行政の考え方や都市計画事業に必要な知識を得るために、東京都に出向。大規模ターミナル駅における交通基盤都市計画などを担当しました。行政の考えや同業他社の取り組みを知る貴重な機会でした。また、ここで得られた人脈は得難い財産となりました。
10年目連続立体交差事業の
計画立案を本格的に担う。
約2年の出向を終え、工務部施設課に配属。以前よりも主体的に動けるようになり、仕事をより面白く感じるようになりました。翌年には現在の建設課に異動し、東村山駅付近連続立体交差事業を担当。現在は、次なる連続立体交差事業の計画づくりも担っています。

1 DAY SCHEDULE

8:30
始業の点呼と連絡事項の共有から1日がスタート。メールチェック後は1日のスケジュールを確認し、優先順位を整理します。
10:00
今後の事業計画について東京都と打ち合わせ。鉄道事業者としての立場や考えを理解していただけるよう、いかに分かりやすく説明するかを心掛けています。
12:00
打ち合わせが終わると、出向していた職場の知人と昼食に。出向が終わってからも、定期的に交流がある仲間に出会えたことに感謝です。
13:30
連続立体交差化事務所との打ち合わせ。工事実施に際して浮上した懸案事項などを共有し、いかに解決していくか、それぞれの立場から検討します。
15:30
新たな連続立体交差事業の計画・設計について、外部コンサルタントと打ち合わせ。さまざまな提案を多角的な視点から比較検討し、最適案を導き出します。
17:30
デスクワーク。打ち合わせの結果や社内各部署への説明内容を資料にまとめる。ここでも問われるのは、誰が見ても分かりやすい資料づくり。
18:00
できるだけ残業はしないように早めに退社。帰宅後は妻の負担を減らせるよう、3人のこどもの世話。慌ただしいけれど、心が休まるひと時です。