代表取締役社長 若林 久

TOP MESSAGE

新しい時代の、
新しい西武鉄道を、
私たちの手で創る

代表取締役社長
若林 久

エリアの多様な魅力を引きだし、
選ばれつづける沿線に。

西武鉄道は地域に根ざした鉄道として、100年以上にわたって沿線のお客さまに愛されてきました。しかし、ITの進化やライフスタイルの変化が加速する今日、現状維持ではさらなる飛躍は望めません。西武鉄道と沿線エリアの魅力を高めて次の100年にも「選ばれる沿線」であるために、私たちは従来の鉄道事業の枠組みにとらわれず、人と社会がこれから求める事業や施設、サービスを次々と創りだしていこうとしています。

その姿勢を「あれも、これも、かなう。西武鉄道」というコーポレートメッセージに込め、お客さまの夢や想いをかなえる沿線づくりを進めています。西武鉄道の沿線は、池袋・新宿のようなオフィス街・都市型繁華街から、緑豊かな住宅地、川越のような歴史的資源を持つまち、秩父などの自然あふれる地域まで変化に富んでいます。これらの地域はまだまだ大きなポテンシャルを持つ「宝の山」です。その魅力を十分に引きだしていくことで、「都市も自然も」「仕事も遊びも」「暮らしも観光も」お客さまのあらゆる期待に応えるエリアを創り上げていきます。沿線地域にお住まいの方はもちろん、沿線以外の方々にも「住みたい」「行きたい」と思っていただける路線を目指します。

新しい発想とチャレンジが
次代の西武鉄道を創る。

「選ばれる沿線」に向けて取り組むなかで、西武鉄道では、柔軟な発想とチャレンジ精神を持つ若い世代が活躍しています。現在進めている池袋・所沢の開発や、新型車両の開発では、若手社員が構想段階からプロジェクトの先頭に立っていますし、ビール特急、星空・雲海鑑賞ツアーなど、若手のアイデアからさまざまな成果が生まれています。お客さまからも「西武鉄道さん、次は何をやるの?」という期待の声を多くいただくようになりました。これから入社する皆さんにも、自ら目標を立てて考え行動する主体性、失敗を恐れずチャレンジする強い意志と実行力を持って、西武鉄道の新しいイノベーションを担う力になってくれることを期待しています。
西武鉄道とともに、未来に向かって成長しようという意欲を持つ皆さんと会えることを楽しみにしています。