事務系 鉄道事業計画

鉄道本部 計画管理部 鉄道計画課

10年後、20年後の西武線沿線の姿をリアルに描き、
自らが、そして会社全体が進むべき道を指し示す。

所属部署の役割・使命

鉄道本部 計画管理部

計画管理部は、鉄道事業の「指令塔」となる部署。その組織は、鉄道事業の基本計画や設備投資の計画を立案する「鉄道計画課」、事業計画の立案や予算管理を担う「管理課」、ダイヤを作成する「運行計画課」、そして運輸収入の計算や審査をする「審査課」に分かれています。

01現在の仕事内容は?

西武鉄道が成長を続けていくために、
最適な針路を照らす。

私が所属する鉄道計画課は、10年先、20年先といった中長期的な視点から、鉄道事業の進むべき道を考える、いわば「舵取り役」のような存在です。社内各部署との協議、さらには行政機関との連携・折衝などをもとに、西武線沿線の「未来図」を描きながら、将来にわたって成長を続けるために必要な施策を検討しています。その際、私が何より大切にしていることは、沿線に住む方々や、鉄道を利用いただくお客さま目線で魅力を高め、「ここに住みたい」「この列車に乗りたい」と心から思っていただくこと。そうした思いをもとに、既存の枠組みにとらわれることなく、常に新しい発想を心掛けながら魅力的な鉄道サービスづくりに取り組むよう努めています。

02仕事の難しさややりがいは?

変化する社会を見据えながら、
沿線の魅力を高め続ける。

中長期的な計画を立てるには、社会情勢や経済動向など、鉄道事業を取り巻く環境が、今後どのように変化していくかを的確に見極めることが求められます。難しい仕事ですが、幅広い情報を多角的に分析し、いかに確度の高い将来像を描くか、いかに説得力をもって周囲に説明するかが腕の見せ所です。少子高齢化という国内の現状を考えれば、鉄道各社間の競争はより激しくなっていくと考えられます。こうしたなかで、当社線沿線は、魅力を高め、競争力を高めていく余地がまだあると思っています。これらを効果的に計画し、アピールしていくことで、当社線の利用者を増やしていくといった発想をもって前向きに仕事に取り組んでいます。

03今後の目標は?

計画立案に不可欠な「情報」を、
より的確に把握・活用できるように。

「計画」という仕事を担う者にとって「情報」は必要不可欠です。ましてや事業全体、計画を考える立場では、事業に直接かかわりがないことも含め、より幅広い情報を得る必要があります。そのため、沿線各駅を見つめるミクロな視点と、政治や経済の動向を把握するマクロな視点を併せもち、常に広くアンテナを張るよう努めています。また同時に、集めた膨大な情報をどう活用するかも問われます。情報に振り回されないよう取捨選択する一方で、情報に応じて計画を変更する柔軟さや決断力も大切です。多種多様な「情報」をしっかりと見極め、社内外への説明力を磨いていきたいと思っています。

キャリアステップ

1年目鉄道事業の最前線で、
仕事の基礎と意義を学ぶ。
所沢駅管区の駅係員に配属になり、その業務の多様さに驚きました。その後、車掌、運転士とキャリアを重ねるなかで、安全・快適な輸送を遂行することの大変さや、1日約170万人という多くのお客さまの命を預かって列車を走らせる仕事の重責を学んでいきました。
3年目運転士たちの業務を支える立場で、
さまざまな関係者と折衝。
運輸部運転課に異動となり、運転規則の制定・改廃や、運転士の教育・指導・監督、事故調査などに携わりました。官公庁も含めた社内外との調整を担うことで、鉄道事業が社会に与える影響力の大きさをあらためて実感しました。
5年目外部調査機関への出向を通じて、
鉄道事業全体を考える視点を得る。
交通運輸に関する総合的な研究・調査を実施する一般財団法人運輸政策研究機構に出向。全国の多様な交通・運輸にかかわる計画策定に携わる中で、専門知識を身に付けるとともに、当社が長期的に取り組むべき課題を発見する貴重な機会となりました。
7年目さまざまな職場で培ってきた経験を、
新たな役割に生かす。
出向が終わり、現在の部署に配属。出向経験をはじめ、これまでの業務で培った知見を生かしながら、長期的な視点で鉄道事業の将来像を描く仕事に大きなやりがいを感じています。

1 DAY SCHEDULE

8:30
出勤。
10:00
沿線自治体と打ち合わせ。西武線沿線をより魅力的にするためには、自治体との協力・連携が不可欠ですので、日頃からコミュニケーションを深めています。
12:30
同期と昼食をともにしながら、当社の将来について議論。部署が違ってもいろいろなことを相談できる同期のつながりは、当社ならではの魅力です。
14:00
西武グループの不動産事業を担う西武プロパティーズと打ち合わせ。グループ一体となって魅力的な「街づくり」を進めていけるよう、連携をはかります。
16:00
外部機関が主催する会議に担当役員とともに出席。東京圏の鉄道の将来展望についての大学教授や同業各社役員の議論に耳を傾け、今後の計画のヒントをつかみます。
19:00
退勤。生まれて間もない息子と夕食、入浴をともにするのが帰宅後の何よりの楽しみです。