07 営業

プリンスホテルの価値を
高めるための、
戦略的な情報発信を担う。

Q1入社動機は?

西武グループならではの
多角的な事業展開に魅かれて

どんなに豪華なお部屋でも、お客さまに宿泊いただかないと客室の価値がなくなってしまいます。そこがホテル運営の難しさであり、面白さでもある――大学でホテル経営の講義を受けていた時に聞いたその言葉がホテルの営業という仕事に興味をもつきっかけとなりました。そして就職活動で、さまざまなホテルを訪問した結果、魅力を感じたのがプリンスホテルでした。ホテルという枠にとどまらず、西武グループというバックボーンを生かしてゴルフ場やスキー場などの多角的な事業を展開していることから、「この会社であれば、幅広い視点からビジネスを展開していける」と考え、入社を決めました。

Q2現在の仕事内容は?

プリンスホテル全体の魅力を発信する

入社後は軽井沢プリンスホテルの営業担当を経て、現在は本社営業部に所属しています。当部の役割は、いわば全社の営業活動の“司令塔”。ホテルチェーンとしての魅力やリニューアル・増床などの情報を広く発信するとともに、MICEやインバウンドといった営業ターゲットに関する情報や方針を各ホテルの営業担当と情報共有し発信しています。そのなかで、私の担当は、ホテルにとってなくてはならないエージェント、すなわち代理人である旅行会社との交渉窓口です。国内外観光旅行者の送客に関する契約の取りまとめや、手数料の交渉、さらには旅行会社が店頭で配布するパンフレットへの掲載交渉など、さまざまな役割を担っています。

※「Meeting(会議、研修会、セミナー)」「Incentive(招待会、表彰式、視察)」「Convention/Conference(学会、国際会議)」「Exhibition/Event(展示会、発表会、見本市)」の頭文字で、多くの集客・交流が見込まれるビジネスイベントの総称。

Q3仕事の難しさややりがいは?

正解のない
営業という仕事に挑み続ける

当然ながら、営業活動には“成功のためのマニュアル”などは存在しません。しかし、それがこの仕事のやりがいだと思っています。仕事をマニュアルどおりにやるだけなら、誰にでもできます。そうではなく、与えられた目標・目的を達成するために、何に、どう取り組むべきかを考え、実行することが真の営業活動なのです。そこで私が重視しているのが、「行動」ではなく「考動」すること。どんな仕事においても、根底にあるのは「いかにプリンスホテルの価値を高められるか」を考えて動く営業マインドです。私にしかできない営業活動で、プリンスホテルの、さらには西武グループ全体の成長に貢献できるよう、これからも勉強を重ねていきます。

私のChallenge for Smile

年齢を問わず、どんなお客さまにも喜んでいただけるよう、社内のさまざまな先輩にアドバイスをもらい、 “お客さまと同じ目線”で考えています。

1 DAY SCHEDULE

9:15
出勤。まずはメールをチェック。取引先からの質問・相談にはスピーディーに返信するよう心掛けています。
10:30
旅行会社との契約更新。契約書や覚書の項目を精査し、法務チェックを経てから稟議を起案します。
13:00
契約業務が長引き、遅めの昼食。営業は外出が多いので、毎日どこでランチしようか考えるのが楽しみです。
14:00
旅行会社と来年度の新規プランについて打ち合わせ。インバウンド強化に向けて海外での情報発信に注力しています。
17:30
退勤。同僚や先輩と軽く一杯。仕事の話からプライベートの話まで、大いに盛り上がります。
21:30
帰宅後は一日の疲れを取るため、シャワーで済ませず、バスタブにつかるのが日課です。