西武グループ
新卒採用情報

人と街を“つむぐ”バス。安全・安心への決意を新たに、S-toryで出発進行!

「いってきます」と「ただいま」を
結ぶ西武バス
街の人、暮らし、笑顔、
新たな物語をクロスする

朝、会社に出かける人々。昼、病院や買い物に出かけるお年寄りの方。夕方、学校帰りの子供たち。西武バスは、街のインフラとして、おでかけになるお客さまの1日の始まりと終わりを⽀える⼤切な役⽬を担ってきました。2020年春には、はじめて車両デザインをリニューアル!その愛称は”S-tory(エストリー)”です。safety(安全)、smile(笑顔)、service(奉仕)、synergy(相乗効果)というお客さまへの想いを込めて、そして⻄武グループを連想できるように「S-」としました。また、「ory」にはグループの西武鉄道と西武バスの路線を「織る」というちょっとした隠し要素も。⼈々の⽣活や仕事が織りなす⽇々の物語(ストーリー)を、⻄武バスの新デザインのバスによって紡ぎだしたいという想いが込められています。このリニューアルプロジェクトは、西武バス社内の男女8名の若手中心のプロジェクトチーム「西武バスチャレンジプロジェクト」が中心となり、全社一丸となって進められました。そんな社員たちの声を少しご紹介します。

「子供から大人まで受け入れられる優しいバスを目指しました。」「S-toryバスで街のお客さまの日々の移動が明るく爽やかになってほしいです。」「日常生活のあらゆる瞬間を穏やかにするバスとしてお客さまに愛されることを願っています。」「デザインが変わり注目されると運転士として気持ちが引き締まります。これからも安全・安心をお客さまにお届けします!」 より多くのお客さまの「いってきます」と「ただいま」を結ぶ大切な存在になれるよう、今日も安全・安心に街を走り抜けていきます。

「安全・安心」な移動を提供し、
地域に貢献
未来のバスのカタチを、
いっしょに創り出そう

路線バスは、地域のお客さまの身近で大切な交通インフラです。西武バスは西武グループの一員として、西武線沿線を中心に東京都北西部・埼玉県南西部で路線バス事業を担っているほか、高速バス事業、空港連絡バス事業、さらに観光事業などを行っています。「安全・安心」な移動を提供することで地域社会に貢献し、人と環境にやさしいバスを常に追求しています。
今後さらに超高齢化社会が進行すると、交通弱者となるお年寄りの方々がいっそう増えていきますが、西武バスが営むバス事業は地域に密着しており、こうした社会課題の解決にも貢献できると考えています。“暮らし”のすぐそばで活躍するバスの役割は、時代に合わせて進化していきます。未来のバスはどうあるべきなのか、ともに考え、ともに形にしていきましょう。

西武グループ企業の採用情報を見る