技術サービス 土木

鉄道本部 工務部 連続立体交差化事務所

自らの仕事が、より安全で快適な街づくりにつながる。
その実感が、エンジニアとしてのやりがい。

所属部署の役割・使命

鉄道本部 工務部

工務部は、線路や土木構造物、建築物などの工事および保守・管理を担っています。連続立体交差化事務所は、連続立体化工事の現場を統括する部署として、工事の安全管理や工程管理、予算管理、さらには行政との調整などを担っています。

01入社動機は?

駅を起点とした
「街づくり」に挑みたいから。

「散歩の度に電車が見たいとせがんでいた」と祖父に言われるように、筋金入りの電車好きで、大学でも交通インフラ系の学科を専攻しました。なかでも興味があったのが、駅を起点とした「街づくり」。多くの人が日々利用する駅を、もっと便利で使いやすいものしたい、と自分なりにビジョンを描いていました。また、ある講義で連続立体交差事業が話題に出て、「安全で快適な街づくりのために重要な取り組み」と知り、いつかは自分も手掛けてみたいと思うようになりました。そんな私にとって、「沿線価値の向上」に取り組んでいる西武鉄道は、希望を叶える最高の舞台だと考え、入社を決めました。

02現在の仕事内容は?

入社前から望んでいた現場で、
責任ある仕事を任される喜び。

私は現在、入社前から希望していた連続立体交差事業の最前線で、工事担当を務めています。職場では一番の若手ですが、限られた人数で多くの役割を担っているため、先輩方の指導や助言を得ながら、実際に工事を担う協力会社の管理や地元自治体との調整など、責任ある仕事を任されています。配属当初に担当していた現場は、工期が終盤を迎えていたこともあり、先輩方が軌道に乗せた工事を無事にやり終えることが主な役割でした。これに対し、現在の担当現場は、これから軌道に乗せていく段階。自分で主体的に考え、行動することが求められます。勉強することばかりの毎日ですが、大きなやりがいを感じています。

03仕事のテーマは?

住民目線のコミュニケーションを通じて
工事への理解を促進する。

連続立体交差事業は、踏切のない安全で快適な環境づくりにつながりますが、工事中は騒音や交通規制などもあり、全ての近隣住民の方に賛同していただけているとは限りません。長期にわたる工事を無事に進めるためには、近隣の方々のご理解・ご協力が何よりも大切です。そこで、事業のメリットや工事の進捗状況などについて、より詳細で分かりやすい情報開示に努めています。以前に担当していた現場では、工事を身近に感じていただけるよう、地域で親しまれている「ご当地キャラクター」を使った広報資料も作成しました。その甲斐あってか、立会い業務の際に、近隣の方から「踏切がなくなると便利になって助かるよ」と声をかけていただいたことは今でもよく覚えています。

キャリアステップ

1年目厳しくも優しい先輩方に囲まれ、
鉄道土木エンジニアとしての基礎を培う。
入社後、まず配属になったのは工務部の飯能保線所。土木工事担当・保線技術員として、トンネル工事や法面工事、線路の保守・点検作業などさまざまな工事を担当しました。周囲の先輩方は、厳しくも優しく教えてくれる方ばかりで、働きがいのある職場で仕事の基礎を学んだ時期でした。また、ミリ単位での線路の保守・点検検査する業務を通じて、列車運行の安全・安心を支えるためには、ほんのわずかな誤差も許されないことを実感。自分の仕事の厳しさ、責任の重さにあらためて気付かされました。
3年目念願の連続立体交差化工事に携わり、
現場で幅広い知識を吸収。
連続立体交差化事務所に異動。学生時代から興味のあった業務だけに、張り切って仕事に取り組みました。当初は石神井公園付近の連続立体交差化工事の土木工事担当として、高架橋構築の施工管理を担当。土木工事の施工方法や安全確保のポイントなどを学びました。
5年目次なる現場を担当。
より上流を担うことで、新たなノウハウを身に付ける。
東村山駅付近の連続立体交差化工事を担当。前回の工事よりも初期段階からかかわり、計画やスケジュールの調整役としての役割も求められました。多くの関係者をまとめ、工程どおりの工事を安全に進めていく難しさを痛感しながら、日々、さまざまなことを学んでいます。

1 DAY SCHEDULE

8:30
出勤。前日の夜間作業の報告書を読んで状況を頭に入れた後、当日の作業内容を確認し、最適な段取りを考えます。
8:45
始業点呼後、午前中は主に事務所内で書類作成。関係者や調整事項が多いため、さまざまな書類と格闘します。
12:00
昼食。少人数でアットホームな職場のため、会話を楽しんだり、おかずを分け合ったりと、家族的な雰囲気に。こうした環境がいざというときの「団結力」につながります。
13:00
施工現場に赴き、施工状況を確認します。協力会社の方々と当日の夜間工事の打ち合わせ。付近を通りかかる近隣の方々の安全に気を配りつつ、時には会話を交わすことも。
17:15
終業時間。通常、残業はほとんどありません。今日は夜間作業があるため、夜の仕事に備えて、夕食をしっかりとって、仮眠をとります。
22:00
工事内容によっては終電後の作業となることもあります。夜間工事を安全・迅速に進めるために、作業前にあらためて打ち合わせを行った後、現場に立ち合います。
6:45
始発電車が出るまでに、安全・確実に作業を終了させます。夜通しの業務だけに疲労感はありますが、現場の方々と作業完了を迎えたときは、やり終えた達成感とともに確かな絆を実感できます。