旅客サービス 駅係員

鉄道本部 運輸部 上石神井駅管区 助役

朝も、昼も、夜も、
お客さまのそばに寄り添うようなサービスをお届けする。
それが私たちの「誇り」。

所属部署の役割・使命

鉄道本部 運輸部

列車の運行業務に直接かかわる運輸部は、お客さまと直に接する西武鉄道の“顔”と言えます。各駅管区に配属された駅係員は、それぞれの担当区間において、お客さまがスムーズに電車を利用できるよう、改札からホームでのご案内、乗降確認までの幅広い業務を担います。

01現在の仕事内容は?

新人時代にキャリアをスタートさせた駅で、
駅係員の管理・指導を担う。

現在、私が助役を務める上石神井駅管区は、入社後に初めて配属された職場でもあります。ここで駅係員としてのキャリアをスタートさせた私は、車掌、そして運転士とキャリアを重ねた後、本社業務を経験。その間に管理職への昇進試験に挑戦し、助役となる資格を得て、再びこの駅管区に戻ってきました。助役とは、駅係員を管理・指導する立場ですが、朝夕のラッシュ時には駅係員とともにホームでの乗降確認や安全確認も担う、プレーイングマネージャー的な存在です。新人の頃から、お客さまの笑顔に触れることを何よりのやりがいにしていましたので、今後も現場に立つ緊張感と喜びを忘れることなく、日々の業務に取り組んでいきたいと思います。

02仕事のテーマは?

安全で快適な職場づくりに向けて、
係員間のコミュニケーションを重視。

駅係員の仕事は、始発電車が出発する前から、最終電車が運行を終えた後まで続きます。長時間にわたる業務を安全・快適に進めていくためには、係員同士のチームワークが何よりも大切です。とりわけ、24時間単位の交代勤務制だけに、情報共有がしっかりしていないとお客さまに迷惑をおかけしたり、事故につながるリスクにもなりかねません。こうした職場環境を踏まえて特に重視しているのが、係員間のコミュニケーションです。日々の業務を通じて感じたこと、悩んでいること、ヒヤリとしたことなどは事の大小を問わず、全員で共有し、全員で改善していける環境をつくることが助役としての重要な仕事だと考えています。

03今後の目標は?

次代を担う若手係員たちの
成長への意欲を育んでいきたい。

駅係員は鉄道業務のスタート地点であり、そこで基本を学んだ後は、それぞれの志向や専門に応じてキャリアアップを図っていくことが求められます。とはいえ、多忙な日々の中で、昇進試験の勉強をしたり、将来のキャリアを考える時間を確保するのは容易なことではありません。そうしたなかで、次代を担う若手の成長を促すために後輩のキャリアアップへの意欲を高めていくのも助役の使命の一つ。そこで、既存の研修に加えて、駅管区内の若手を集めた集合研修を提案するなど、さまざまな工夫を凝らしています。今後もモチベーションアップの機会を設けるとともに、係員一人ひとりの日々の働きぶりに目を配り、それぞれの個性をしっかり見極めながら、その成長を後押ししていきたいですね。

キャリアステップ

1年目駅係員として、
仕事の基礎を身につける。
上石神井駅管区に配属され、田無駅の駅係員として改札業務や清掃、遺失物対応などの業務を担いながら社会人としての基礎を学びました。2年目には駅業務のスキルを磨きつつ、新入社員の指導員も経験。教える立場に回ることで、仕事への理解と自覚が深まりました。
3年目池袋線の車掌として、
安全運行を支える。
車掌試験に合格。飯能乗務所に異動となり、池袋線の車掌として勤務しました。ドアの開閉や電車を発車させる最終判断を担うことで、安全確認の重要さを肌で感じるとともに、多くのお客さまの安全を守る責任の重さを学びました。
4年目新宿線の運転士として、
安全・快適な運行を担う。
運転士の試験に合格。上石神井乗務所に異動となり、新宿線の運転士として勤務しました。乗車いただくお客さまの「命」を預かる立場として、常に安全を最優先する姿勢の大切さや、わずかなミスが重大なトラブルにつながりかねないプレッシャーも経験するなど、多くのことを学びました。
5年目本社業務を経験することで、
広い視野を身につける。
乗務所から本社に異動となり、運輸部営業設備課に配属。改札機や券売機などの管理を行う駅務機器担当として主にICカードにかかわる業務や、自動改札機の更新を担いました。本社業務を経験したことで、鉄道事業の全体像を知ることができ、仕事に対する視野が大きく広がりました。
10年目駅管区に復帰、
助役として後進の指導に当たる。
本社勤務中に昇進試験に合格し、上石神井駅管区に助役として配属。入社当時の勤務地に立場を変えて戻ることになりました。駅係員の指導・育成という新たな役割を果たせるよう、さまざまな職場での経験を生かしながらも、さらなる勉強に努めています。

1 DAY SCHEDULE

6:10
起床。助役も含め、駅係員は泊まり勤務が基本のため、一日の活力源となる朝食を大切にしています。
8:45
点呼。駅係員それぞれが当日の担当を報告した後、運行状況や留意点など、共有すべき情報を伝達します。
9:00
前日の勤務を担当した助役から引継を受けます。情報共有を怠らないことが、安全や快適さを保つための基本です。
10:30
構内の巡視に出ます。駅構内に異状がないか、お困りのお客さまがいらっしゃらないかを確認しつつ、駅係員の仕事ぶりにも目を配ります。
12:00
社員食堂で昼食。長時間勤務をスムーズにこなすためにはメリハリが必要。食事中はリラックスして会話を楽しみます。
18:00
当日の売上を集計し、間違いがないかを念入りに確認したうえで、承認します。
23:35
最終電車に向けてホーム監視。乗り遅れ、乗り過ごしがないよう、お客さまの動向に注意します。
2:30
夜食は我慢して仮眠室で就寝。明日の業務に備えてしっかりと睡眠をとります。
6:15
起床。洗顔して頭をスッキリさせ、制服に着替えます。
7:20
朝の通勤ラッシュ対応でホーム監視。お客さまが最も多い時間なので緊張しますが、安全最優先で業務に当たります。
9:10
勤務終了。当日勤務の助役に業務を引継ぎ、管区長へ終了報告を経て帰宅します。