技術系 建築

鉄道本部 工務部 施設課

自分の仕事の成果が多くのお客さまの心に残る。
その喜びが、次のハードルを超える力となる。

所属部署の役割・使命

鉄道本部 工務部

工務部は、線路や土木構造物、建築物などの工事および保守・管理を担っています。施設課では、このうち土木構造物と建築物について、工事計画から調査、設計、保守・管理までを担当しており、現場で施工管理を担う建設事務所との連携のもとに業務を進めています。

01現在の仕事内容は?

多くの方々の心に残る駅づくり、
施設づくりを目指して。

「街の顔」となる駅舎をはじめ、事務所や社員向け施設など、鉄道事業にかかわる建築物は多種多様です。これら施設の新設や改良、保守・管理を、安全・確実、そして効率的に実施できるよう、建築担当として計画作成や予算管理、社内外調整などを担っています。当社は現在、池袋線の玄関口である池袋駅のリニューアルをはじめ、沿線各駅で駅舎の改良・改修を進めています。沿線のお客さまに愛着をもっていただける、そして初めて訪れた方にも印象に残る駅づくりに携わりたいと思っていた私にとっては絶好の機会。日々、大きなやりがいを感じながら、「この街と言えばこの駅」と言われるような駅づくりに取り組んでいます。

02仕事の難しさややりがいは?

よりリアルに、そしてお客さま目線で、
完成後の姿を思い描く。

私たちが手がける建築物は、完成後、多くのお客さまの目に触れ、日常的に利用されますので、どんなに些細なことでも事前に確認・調整しておく必要があります。時には、設計段階では気付かなかった問題が工事の途中で表面化することもあります。そうした際に早期の対応に努めるのはもちろん、そもそも問題が生じないよう、設計段階から完成後の姿をできるだけリアルに、お客さま目線でイメージするようにしています。完成に至るまでは多くの苦労がありますが、社内外多くの関係者と連携し、ともにつくり上げた施設を目の前にした時は大きな達成感を得られます。それは「ものづくり」に携わる者だけが味わえる喜びだと思います。

03今後の目標は?

一体感のある職場づくりに向けて、
「見える化」を推進。

現在は課長補佐という立場にあり、自ら担当案件をもちながら、各課員の進捗管理も担っています。そこで今、大きなテーマとしているのが「一体感のある職場づくり」です。私たちの業務は、社内外多くの関係者と何度も折衝を繰り返しながら進めていくものだけに、その全てにかかわってきた担当者以外には、案件の状況が分からなくなりがちです。しかし、それでは不測の事態が生じたり、直接の担当者が大きな壁にぶつかったりした時に、誰も支援することができません。そこで、一人ひとりの抱える案件にチーム全体で対応し、チームとして成果を出せる職場を目指し、情報共有の強化と目標・役割の「見える化」を推進しています。

キャリアステップ

1年目多様な現場で施工管理の経験を重ね、
仕事の基礎を身に付ける。
工務部の建設事務所に配属され、萩山駅バリアフリー化工事や練馬駅ホーム待合室新設工事、各駅塗装工事など、さまざまな現場で施工管理を担当。昼間は電車が走るすぐそばでの作業、夜間は終電から始発までのわずかな時間での作業など、鉄道工事特有の難しさを一つひとつ学んでいきました。
6年目大規模工事に携わり、
建築エンジニアとしての視野を広げる。
連続立体交差化事務所に異動となり、石神井公園駅付近の高架複々線化事業に携わりました。線路の立体化と合わせて、駅舎の建替えや、線路・土木工事も同時に実施した大規模工事のため、建築単独工事とはまた違った施工管理の難しさを知る貴重な機会となりました。
7年目経理業務も担当し、
事業の全体像を理解。
西武ホールディングスの経理部に出向となり、鉄道事業の収支や固定資産管理などの経理業務に携わりました。まったくの畑違いのため戸惑いもありましたが、自分の担っていた工事が、グループの事業のなかで、どう位置付けられ、ほかの事業とどう関連しているのかを理解することができました。
10年目現在の職場へ。
課長補佐として後進の指導も担う。
出向を終え工務部に異動。現場の建築担当として培った知見を生かし、計画担当として社内外との調整を担っています。あわせて昇進試験にも挑戦し、論文、面接を経て、晴れて課長補佐に。課員の管理や指導・育成も含めて、より広い視野をもって日々の業務に取り組んでいます。

1 DAY SCHEDULE

6:00
起床。妻と3人のこどもはまだ夢の中なので、起こさないようにそっと起きます。
8:30
出社。まずは1日の流れを確認してからメールチェック。社内外から多くのメールが届いているので、優先順位を付けて効率的に対応します。
8:40
始業点呼。部内・課内での連絡事項の報告・伝達とともに、課員一人ひとりが行動予定を報告します。日頃からの情報共有が、いざという時に役に立ちます。
9:00
午前中はデスクワークが中心。設計、施工中の案件について、設計会社や社内関係者からの問合せに対応しながら、午後の会議で配布する資料を確認。
14:00
施工中の案件について、社内関係者が一堂に集まる会議に出席。こちらが主催する側なので、質問を受けることが多く、会議が終わる頃にはノドがからからです。
16:30
次年度以降の工事計画の取りまとめに向けた資料作成。主幹部署に提出する期限が迫っているので、細かいところまで配慮しながら最終チェックを加えます。
19:00
退社後は先輩と軽く飲みに行くため、妻に「少し遅くなります」のメールを。仕事でも家庭でも、前もって連絡しておくことが肝心です(笑)。