技術系 車両

鉄道本部 車両部 車両課

数十年に一度の大プロジェクト、次期特急車両の新造計画に挑む。
車両エンジニアとしての充実感が、そこにある。

所属部署の役割・使命

鉄道本部 車両部

車両部は、多くのお客さまを乗せて走る車両を保守・メンテナンスを通じて、日々の安全・安心を支えています。車両課では、主に車両の新造計画を担っており、より安全・快適で魅力のある車両づくりに取り組んでいます。

01入社動機は?

構想段階から「ものづくり」にかかわることができ、
「挑戦」する風土をもつ西武鉄道を選択。

自己満足ではない、本当に多くの人の役に立つ「ものづくり」――就職活動にあたってそんなテーマを掲げていた私は、日々の生活に欠かせない「交通」分野のエンジニアを目指して、自動車業界と鉄道業界を候補にしていました。しかし、両者には大きな違いがあり、自動車メーカーは自ら開発・製造を手がけるのに対して、鉄道会社はそれらを外部に発注するのが一般的。どちらをやりたいかと考えた時、手を動かすよりも、全体を見ながら構想を練ることに興味があったので鉄道会社を志望しました。なかでも西武鉄道を選んだのは、幼少の頃から沿線に暮らしていて親しみがあったことに加え、説明会や面接などを通じて「挑戦」する風土を感じたからです。

02現在の仕事内容は?

次代のフラッグシップとなる
特急車両開発プロジェクトのリーダーとして。

当社は現在、新型通勤車両「40000系」や全席レストランの「観光電車」など、新たなアイデアを盛り込んだ車両の開発を進めています。これらに続いて、開発を進めているのが、次期特急車両の新造計画です。この計画を推進するためにチームが結成され、私はそのリーダーに任命されました。特急車両は西武鉄道のフラッグシップとなる車両で、新造するのは数十年に一度のこと。「車両部に戻ってきてまだ1年目の私に、果たしてこれだけの重責を担えるだろうか」と当初は不安もありましたが、これこそ入社前に感じた「挑戦」の風土。今は貴重なチャンスを与えられた喜びを胸に、みんなに喜んでもらえる車両開発に全力で取り組んでいます。

03今後の目標は?

お客さまから愛され、
社員の誇りとなる車両づくりを目指して。

次期特急車両の基本仕様を決定するため、関係各部署から要望やアイデアを募りつつ、検討を進めています。関係者の要望には相反するものもあり、全てを満たすのは至難の業。また、特急車両は長く使用されるものですから、現時点での要望だけでなく、中長期的な視点で考える必要があります。こうした難題に挑むうえで、私が大切にしているのが、ぶれない「軸」、すなわちコンセプトを明確にすることです。私たちが目指すのは「お客さまに喜んでいただくのはもちろん、社員にとっても誇りとなるような特急車両」。その想いを関係者全員で共有し、一歩ずつ開発を進めていきます。

キャリアステップ

1年目業務の基礎を学びつつ、
自らの仕事の「意義」を知る。
新宿線車両所の南入曽車両基地において、3か月に一度の法定点検を担う「月検査班」に配属。職人気質の先輩方に囲まれ、車両技術係として点検・整備の基礎的なスキルを身に付けるとともに、「自分の日々の仕事が多くのお客さまの安全を支えている」ことを学んだ時期です。
2年目「検査する立場」から「計画する立場」に変わり、
仕事への視野が広がる。
池袋線車両所の武蔵丘車両基地に異動。自らの立場も日々の点検・整備を担う「技術係」から、資材手配や検査計画の立案、故障調査などを担う「技術員」に変わりました。それまでとは異なる仕事を経験するなかで、効率的な検査のためには、「ヒト、モノ、カネ、場所」の準備が大切であることを学びました。
4年目未経験の業務を担うなか、
事業全体を見る目を養う。
計画管理部管理課に異動し、設備投資計画の立案や予算管理、各種会議の事務局など、これまでとはまったく異なる業務を経験しました。社内各部署が策定した投資計画案を取りまとめるなかで、鉄道事業全体の資金の動きが把握でき、事業活動の全体像を考える視点が身に付きました。
6年目新部署に異動早々、
プロジェクトリーダーの重責を担う。
車両部車両課に異動し、新造車両の計画業務を担当。異動後わずか数か月にして、次期特急車両の新造計画プロジェクトのリーダーに指名され、戸惑いながらも、大きなやりがいを実感しています。

1 DAY SCHEDULE

6:30
起床。経済から芸能までトレンドを幅広く知るため、ニュースを見ながら朝食。通勤電車のなかでもモバイルでニュースをチェック。
8:30
始業。朝礼をおこない、メンバー全員でスケジュールを報告・確認。あわせてメンバー間で共有すべき情報を交換します。
9:00
次期特急車両について、車両所のベテランエンジニアを交えて打合せ。製造や整備の段階で予想される課題を一つひとつ抽出し、それぞれの解決策を検討します。
13:30
車両メーカーの訪問を受ける。次期特急車両で導入を検討する最新技術について提案を聞く。この技術が、お客さまの笑顔につながるかどうか、具体的にイメージすることが大切。
15:30
他社との打合せのため外出。他社の開発事例も含めて、貴重な話を聞くことができた。
17:30
社内会議で報告する資料づくり。盛り込みたい内容が次々と出てくるため、気が付けば終業時間に。残業は最低限にして、早めに帰宅するよう心掛けています。