技術系 電気

鉄道本部 電気部 信号通信課

電気エンジニアとして現場で培った経験を生かし、
鉄道の安全を支え続ける。

所属部署の役割・使命

鉄道本部 電気部

電気部は、列車の運行に欠かせない各種電気設備を保守・管理しています。信号通信課では、安全運行を支える信号機や踏切、駅での案内や拠点間の連絡に使われる通信・放送システムについて、保守・管理計画の策定や新規設備の導入検討を担当しています。

01現在の仕事内容は?

鉄道事業の安全を根底から支える、
電気エンジニアの「誇り」。

私たち電気エンジニアが扱う「電気」は、車両エンジニアや土木・建築エンジニアと違ってカタチがないものだけに、仕事の成果をイメージしづらいかもしれません。しかし、電気がなければ、電車を動かすことも、信号を点けることもできません。特に、私が担当する信号保安システムは、鉄道の安全性を担保する「最後の砦」であり、目立たなくとも重要な役割を果てしているという自負があります。現在の仕事は、この信号保安システムのより良いあり方を、全社的な視点から考えること。具体的な検討はこれからですが、安全性と信頼性が高く、効率の良いシステムを自分の手で実現していきたいと思っています。

02仕事の難しさややりがいは?

未知の領域への挑戦は、
エンジニアにとって最大の喜び。

「電気」は利用範囲が広く新技術が次々と生まれているため、「毎日が勉強」という姿勢で、インターネットや技術情報誌を通じて積極的に情報収集しています。大変な面もありますが、新しい知識を知ることはエンジニアにとっての喜びでもあります。また、ICTや機械など関連分野の幅広い先端知識や技術に触れる機会があるのも魅力の一つ。実際、私は今、最先端のICTを活用した全く新しい通信システムの開発に取り組んでいます。過去に例のない技術の導入にあたっては、自分たちで考え、工夫しなければならないことばかり。社内外多くの関係者とアイデアを出し合いながら一つずつ課題に取り組む日々は、厳しくも、とても充実しています。

03西武鉄道ならではの魅力は?

早くから多くの職場を経験できたことが、
今の自分を支えている。

鉄道会社における電気エンジニアの役割は非常に幅広く、身につけなくてはならない知識や技術も多岐にわたります。しかし多様な業務を担うということは、それだけ勉強の機会にも恵まれていると言えます。私も入社以来、5年間でグループ会社への出向も含めて6つの職場を経験しました。これも西武鉄道ならではのエリアの広さと、早くから経験を積ませたいという会社の「親心」があってこそ。おかげで、信号通信設備と変電設備の両方を経験できただけでなく、同じ設備であっても、環境が異なれば管理手法も異なるため、多くの知見を培うことができました。今、新技術の導入検討という重要な役割を担えているのも、こうした経験を積んできたからだと思っています。また、最近では新たなことに挑戦する風土が醸成され、それに携わることができるチャンスが増えてきました。積極的に挑戦できることが魅力の一つと言えます。

キャリアステップ

1年目信号通信設備の保守・検査を担いながら、
基礎的な知識を養う。
保谷電気所に配属され、所沢電気区管轄の信号通信設備の保守・検査を担当しました。先輩の指導のもと、社会人の基礎を身に付けながら、信号通信設備の役割や、多様な装置それぞれの原理、その保守・検査方法について学びました。
2年目さまざまな職場を経験し、
電気エンジニアとしての知見を深める。
2年目からは、飯能電気所での信号通信設備の保守、グループ会社の伊豆箱根鉄道での電気設備の計画、施工、保守・管理、上石神井電気所での変電設備の保守と、半年から1年おきに多様な職場を経験。それぞれで異なる知見を培うことができ、技術者としての幅が大きく広がりました。
5年目設計・工事管理部門に異動し、
それまでとは異なる視点から電気設備を考える。
電気設備の設計と工事管理を担う電気事務所に異動。実際に設備に触れるのではなく、その理想的なあり方を考えるという従来とは違ったアプローチが求められ、異動した当初は戸惑いました。しかし、そうした仕事にも次第に慣れ、細かく定められた設計上のルールを学べるなど、電気エンジニアとしての成長を実感できた時期です。
6年目エンジニアとしてだけでなく、
プロジェクトの推進者としてのノウハウを身に付ける。
本社に異動となり、信号通信課に配属。新しい電気設備の導入検討について、より上流から携わることに。電気エンジニアとしての知見を深めるだけでなく、プロジェクトの進め方や、関連各部署との調整・折衝、最先端の知見・情報の収集法など、新しいことに挑戦しています。

1 DAY SCHEDULE

6:30
起床。インターネットのニュースで必要な情報を入手。
8:30
出勤、始業点呼。前日から今朝までの障害の有無や、その内容を確認。その他社内情報の確認。電気部内での情報共有をおこないます。
9:00
メールの確認、返信。スケジュールの確認。
10:00
新規技術導入プロジェクトの打合せ。各自進捗報告、今後の方針などを共有します。
12:30
昼休み。
13:30
設計、技術検討。新しい技術について仕様書を確認したりメーカーに問い合わせたりし、資料をまとめます。また、自分自身で設計図を作成することもあります。
15:00
メーカーからの報告を受ける。事前に問い合わせた内容について、電話や口頭で報告を受けます。
16:00
会議用資料の作成。難しく詳細な内容をそのまま記載するのではなく、誰でもわかるように理解しやすく見やすい資料を作成することを心掛けています。
17:30
退社。