Project Report Case 02: “MICE”で日本を元気にする!

イベントや展示会、世界的な規模のコンベンションや国際会議、企業のミーティングや社員向けセミナー、創立記念パーティー、表彰式など、プリンスホテルは人と人の豊かな交流の場を提供する豊富なMICEを展開しニッポンを元気にしています。

急拡大する「MICE市場」

メールやネットの活用が日常となる一方で、昨今はビジネスの変革に向けて、組織や国境を超えたオープンなコミュニケーションの重要性も増しています。
こうしたなか、国内外の企業や国際機関・団体・学会は、会議・研修・セミナー(Meeting)や招待会・表彰式・視察(Incentive Travel)、学会・国際会議(Convention)、展示会・発表会・見本市(Exhibition/Event)などを活発に実施しており、これらの頭文字をとった「MICE」が注目を集めています。

多くの集客交流が見込まれるMICEは、“ビジネス・イノベーションの機会の創出”だけでなく、開催地の“地域への経済効果”や、人や情報が集まることによるビジネス・研究環境の向上につながり、“国・都市の競争力向上”にも効果をもたらします。そこで多くの国・都市では、成長戦略の一つとしてMICEを位置づけており、日本においても観光庁がMICEの誘致、開催推進に取り組んでいます。

国際会議協会(ICCA)の統計によれば、世界全体の国際会議の開催件数は年々増加しており、特にアジアでの開催件数は高い伸びを示しています。そのようななかで、日本は4年連続でアジア第1位となっています。

ビジネスを強くするキーワード MICE

世界及び地域別の国際会議開催件数の推移

出典:ICAA統計より作成

※ICCAデータベースはICCA会員の申請・登録によって作成されているため直近年の数値は今後も増加する可能性がある

「MICE市場」で独自の存在感を発揮する
リーダー企業「プリンスホテル」

プリンスホテルは、西武グループの総合力を駆使し、全国の施設と連携した多様なMICEを展開することで、日本を代表するMICEホテルとしてのポジションを確立しています。

例えば、お客さまの求めるMICEを実現するためのMICEプランナーの存在もその一つ。西武グループの施設や機能も柔軟に活用して、最高のサービスを提供しています。生活文化の異なる国からのお客さまや国家元首をはじめとするVIPなどにも、施設・サービスなどすべての分野で専門スキルを持つスペシャリストたちが連携して的確に接遇しMICEを成功させています。また、アフターMICEの提案ができることもプリンスホテルの特徴です。京都、広島、札幌など日本を代表する観光都市へ、あるいは箱根、軽井沢、富良野などのリゾートへと、全国のエリアと連携し、各地の景勝地の魅力や四季折々の魅力を堪能していただけるようにしています。

こうした独自性を発揮し、2016年4月にはG7広島外相会合、2016年9月にはG7長野県・軽井沢交通大臣会合の誘致に成功。G7広島外相会合では瀬戸内海ならではの食材で参加者をおもてなし。G7長野県・軽井沢交通大臣会合では、目的に合わせた多彩な会場の提供や、こだわりの演出により、ソフト・ハードの両面から会合をサポートしました。

世界各国のお客さまのあらゆるMICEニーズにワンストップで応え続けるプリンスホテル。2010年4月にスタートさせたMICEへの取り組みは、お客さまに満足を提供し続けています。

全国の施設と連携した多様なMICEの展開

全国の施設と連携した多様なMICEの展開の地図

PDFで見る

世界中の人々が笑顔になれるMICEを日本全国で

プリンスホテルは、首都圏はもちろん、日本の主要都市にグローバルスケールの集いができる多様な施設を持っています。どの施設もアクセス良好な立地にあり、柔軟で機能的な会場施設を複数保有しているため、テーマに合わせた会場をご利用いただくことが可能です。「プリンスホテルを選んでよかった」そう思っていただけるよう、常に世界各国のお客さまが笑顔になれるMICEの実現を目指しています。

首都圏で「高輪・品川エリア」を
日本のMICEの中心地に。

高輪・品川エリアは、新幹線や鉄道各線が乗り入れ、成田空港や羽田空港にも乗換無しでアクセスできるほか、将来はリニア中央新幹線とのアクセスも計画される一大ターミナルです。
プリンスホテルでは、2010年4月から高輪・品川エリアのプリンスホテルを中心にMICEを誘致するPRINCE “TOKYO MICE CITY” PROJECTをスタート。4つのプリンスホテルのMICE関連施設は、国際会議に対応できる2,000m2級の大宴会場から各種ミーティング向けの小規模・中規模宴会場に至るまで約130の多様な宴会場があるほか、総合客室数は約5,300室と日本有数の規模を誇ります。

閉じる

主要都市で日本の主要都市にグローバルスケールの集いができる
多様な施設を展開。

大津琵琶湖畔に世界の人々が集うコンベンションステージ
(びわ湖大津プリンスホテル)

大津は、日本最大の湖、琵琶湖畔に位置しています。国内最大規模の宴会場を持ち、4,000名のご利用が可能です。各種イベント、展示会、国際会議などに幅広く対応。琵琶湖畔ならではの充実したアフターも魅力の一つです。

京都雅で香しい古都の文化が集いと交流を華やかに彩る
(グランドプリンスホテル京都)

日本を代表する古都・京都では、落ち着いた雰囲気の中で交流するMICEが似合います。地元の京野菜を使ったお料理やお酒、舞妓さんなど京都らしい演出でMICEの魅力をさらに高めます。

札幌美しく豊かな北の大地で心がふれあう感動の集いを
(札幌プリンスホテル)

北海道の玄関口・札幌は国内外の人々が交流するMICEステージ。宴会場棟は宿泊棟から独立しており、大切な集いにふさわしい特別なMICE空間を提供しています。雄大な自然と新鮮な食材も札幌でMICEを開催する魅力です。

広島国際会議の豊富な実績、心に残るヒロシマMICE
(グランドプリンスホテル広島)

国際平和文化都市の広島は、2010年APEC高級実務者会合や2016年のG7広島外相会合の会場にもなり、国際会議や各種イベントの実績も豊富。MICEの思い出として、平和記念公園や宮島厳島神社などの世界遺産も体験できます。

閉じる

ここがポイント!

  • MICEのリーダー企業として、日本の経済活性化に貢献。
  • 日本の主要都市に展開するプリンスホテルネットワークを生かし多様なMICEニーズに対応。
  • 西武グループのリゾート事業ノウハウを活用。箱根、軽井沢、富良野などのリゾートを組み合わせたMICEを提案。
  • アクセス良好な立地に、グローバルスケールの施設を多彩に保有