採用基本情報

FAQ

西武グループについて

Q.西武グループについて教えてください。

A.

西武グループでは、2006年3月に持株会社「西武ホールディングス」を設立し、その傘下に「西武鉄道」と「プリンスホテル」の2社をグループ中核会社として配置する形でグループガバナンス体制を構築しました。また、グループの経営理念・進むべき方向性を示す『グループビジョン』を制定し、『でかける人を、ほほえむ人へ。』のスローガンのもと、「安全・安心」で「快適なサービス」はもとより「お客さま目線」、「コンプライアンス」を念頭に各事業を展開しています。

「西武グループ」を理解する

採用・選考について

Q.エントリー、選考について教えてください。

A.

プリンスホテルのエントリー受付・説明会などは、西武ホールディングス 人事部グループ人材開発室が受付窓口となりますが、選考についてはプリンスホテルで実施します。

Q.説明会の開催日程について教えてください。

A.

プリンスホテルの会社説明会は3月下旬から首都圏・名古屋・関西・広島・北海道で複数回開催予定です。
エントリーしていただいた方にメールでご案内をさせていただきます。ぜひエントリーお願いいたします。

Q.求める人材像について教えてください。

A.

募集要項・選考フロー・求める人材像のページをご覧ください。

募集要項・選考フロー・求める人材像

Q.職種の役割の違いについて教えてください。

A.

【ナショナルスタッフ】国内外総合的な仕事
●総合コース
~経営的な目線で活躍~
各事業施設での業務を比較的早いサイクルで経験し、事業所や本社の管理・戦略など経営的な目線で業務に携わることができます。ホテルの発展に留まらず、会社の成長を担う人材として活躍していただきます。

●ナショナルコース
~幅広い職種で活躍~
全国に広がるプリンスホテルルの多種多様な事業所で、豊かな経験を積みながら成長し、培ったスキル・ノウハウを幅広い職種で活かしながら将来は総支配人を目指し活躍していただきます。

募集要項・選考フロー・求める人材像

【エリアスタッフ】地域を選択した仕事
『エリアコース』
~地域に密着して活躍~
一つの地域を選択し、その地域内において様々な経験を積みながら成長し、地域特性を活かした付加価値をお客さまに提供していただきます。

募集要項・選考フロー・求める人材像

Q.応募に際して必要な資格・条件はありますか?

A.

特定の資格が必要ということはありませんが、応募条件は、当サイト内の募集要項の掲載のとおりです。

募集要項・選考フロー・求める人材像

Q.西武グループの各社・各職種の併願は可能ですか?

A.

併願することは可能ですが、それぞれの会社・職種でおこなう仕事は異なりますので、皆さんのやりたい仕事を考えたうえで、ご応募することをおすすめいたします。

Q.OB・OG訪問をしたいのですが、社員の方を紹介してもらえますか?

A.

たいへん申し訳ございませんが、現在のところ、OB・OG社員の紹介はおこなっておりません。しかし、OB・OGの方に会うことは制限いたしませんので、大学の就職部などを利用して、個別に連絡を取ってください。なお、OB・OG訪問の有無が採用に影響することはありませんので、ご安心ください。

Q.会社資料、入社案内等を送ってほしいのですが。

A.

たいへん申し訳ございませんが、会社資料、入社案内等は郵送しておりません。当サイトをご覧ください。また、説明会等では配布予定ですので、ぜひご参加ください。

入社後の働き方について

Q.勤務地や異動先は選べますか?

A.

ナショナルスタッフ(総合コース、ナショナルコース)・エリアスタッフ
ナショナルスタッフ(総合コース、ナショナルコース)の場合、本社を含め全国の事業所に異動する可能性があるため、勤務エリアを選択することはできません。エリアスタッフの場合、1つの地域を選択し、その地域内において異動を限定される社員として勤務するため、各エリアのいずれか1つを選択していただきます。なお、プリンスホテルの本社は東京・池袋にあります。

募集要項・選考フロー・求める人材像

Q.人材開発・研修制度について教えてください。

A.

プリンスホテルでは、自ら考え、それを実行できる「自律」した人材を育成することを目指しています。また「モチベーション高く挑戦意欲のある人材」の育成を継続的におこなっていくために、階層別教育プログラム、専門職教育プログラム、全社員共通プログラムの3つの基本プログラムを設定しております。
階層別教育プログラムは、新入社員研修、年次研修、各クラス昇格者研修をはじめ、総支配人・支配人研修、マネジメント研修など、その役職・等級に応じて求められる役割に応じた研修内容を盛り込んでいます。専門職教育プログラムでは、グローバル人材育成に向けた、語学力向上・異文化理解のための教育や海外交換研修などの取り組みのほか、宿泊、料飲サービス、調理、営業など職種別にスキルアップを支援する研修プログラムを用意しています。また、全社員共通プログラムでは、語学、各種資格取得、パソコン、ビジネス教養など約160種以上の通信教育講座(受講料支援制度あり)や法人契約による英会話・中国語会話スクールの優待利用など、社員の自己啓発も幅広くサポートしています。
このように各種研修プログラムを細かく盛り込むことで、個人と組織の成長を相互に高め、現場力極大化をはかっています。

人材開発

Q.産休・育休はとれますか?

A.

産前産後の休暇制度(産前6週間、産後8週間)および育児休業制度(こどもが1歳に達するまで)があります。なお、最長でこどもが2歳に達するまで取得することができます。
また、復職後も、始・終業時刻の繰り上げ・繰り下げ(所定労働時間は変わりません)や、所定労働時間短縮、勤務日数短縮などができる制度(最長で小学校1学年修了まで)もあります。