西武グループ
新卒採用情報

いずっぱこ × ラブライブ!サンシャイン!!
地域の期待を乗せて、発進・発信!

地域密着発、
伊豆エリアの活性化行き
一固い鉄道会社の
イメージを塗り替える

「いずっぱこ」の愛称で親しまれている伊豆箱根鉄道駿豆線。静岡県三島市の三島駅から伊豆市の修善寺駅まで、富士山を眺めて走る路線です。2016年4月、その電車が異彩を放つ姿で登場しました。それは伊豆半島北西部・沼津を舞台にしたアニメ作品『ラブライブ!サンシャイン!!』のラッピングトレイン。伊豆箱根鉄道が運営する水族館、「伊豆・三津シーパラダイス」がアニメの舞台の一つになったことをきっかけに、アニメ会社との関係が始まり、その広告塔となったのがラッピングトレインです。それは、伊豆箱根鉄道のラッピングバスやラッピングタクシーへと広がり、アニメの聖地巡礼の目的地になったと同時に、移動手段として地域一帯の活性化に多いに寄与しました。元々、伊豆箱根鉄道は地域密着を掲げる企業ですが、これに手ごたえを感じてラブライブ!とのさまざまなコラボ企画を発展させていきます。それは一見固いイメージの鉄道会社が、チャレンジする社風へとイメージを塗り替えた大きな出来事でした。

『ラブライブ!サンシャイン!!』のプロモーションは、いまなお人気のシリーズとして続行中です(*2021年現在)。他にも地元の高校や恋愛ゲームアプリとのコラボ、インスタグラムアカウント「伊豆箱根鉄道女子部」など、新しい試みも次々と行われており、こうしたきっかけで伊豆を観光する方が増え、地元の方に喜んでいただいています。伊豆箱根鉄道の、「伝統ある鉄道の歴史」と「自由度のバランス」、そして「地域愛」は格別です。

でかける人を、ほほえむ人へ。
鉄道の枠を超え、
幅広い事業で
伊豆を盛り上げる

西武グループの一端を担う「伊豆箱根鉄道」の歴史は古く、創立は1917年(大正6年)。鉄道事業からスタートして以降、時代とともに事業領域を拡大してきました。現在では、駿豆線・大雄山線の鉄道運行のほかに、伊豆・三津シーパラダイスや箱根 関所旅物語館などのレジャー施設を中心とした観光事業、船舶事業、沿線関連事業、さらに指定管理事業や不動産賃貸業、保険代理店事業などを展開しています。
すべてのベースは、地域に必要とされ、地域とともに歩む企業であり続けること。「安全」「安心」「快適」「楽しい」を地域のお客さまに提供しながら、『でかける人を、ほほえむ人へ。』をスローガンに、これからも伊豆箱根の未来に向けて、発進・発信していきます。

西武グループ企業の採用情報を見る