総合企画本部 経営企画部 第三事業戦略室 マネジャー

巨大プロジェクトに携わり、
ダイナミズムを実感。

Q1現在の仕事内容は?

あらゆる事業の根幹となる「不動産」の魅力を高め、
グループ全体の競争力強化へ。

西武グループは、沿線やホテル所在地などを中心に、国内各地に多くの不動産を所有しています。こうしたなか、持株会社である西武ホールディングスの一員として、同時に不動産事業を担う西武プロパティーズの経営企画部門として、不動産事業を推し進めていくことが私たち第三事業戦略室の仕事です。不動産はさまざまな事業の基盤となるものであり、その価値を高めることは、不動産事業はもちろん、都市交通・沿線事業やホテル・レジャー事業も含めたグループ全体の競争力強化につながります。私たちはグループ経営の観点で、他事業とのシナジー創出も視野に入れながら予算や中期事業計画を策定。その達成に向けた施策の推進や進捗状況の管理、調整をおこなっています。

Q2西武ホールディングスならではの魅力は?

事業スケールの大きさ、それを肌で感じることで生まれるやりがい。

西武グループは、今日に至る歴史のなかで、ポテンシャルの高い好立地な不動産を数多く所有しており、これらは将来の成長に向けた大きな財産です。さまざまな事業とのシナジーを生かしながら、これら不動産の魅力を高めていくことが私たちの使命であり、仕事の醍醐味でもあります。たとえば、現在建設中である「東京ガーデンテラス紀尾井町(グランドプリンスホテル赤坂跡地開発計画)」は、不動産事業とホテル・レジャー事業、さらには建設事業も含めたグループシナジーによって実現したもの。総事業費約980億円という巨大なプロジェクトに携わり、その一員としてダイナミズムを実感できることは、当社ならではの大きな魅力の一つです。

Q3仕事のテーマは?

グループの将来を担う「経営人材」を育てることも、
マネジャーとしての重要な使命。

私は組織のマネジャーとして全体調整や進捗管理を担うとともに、各メンバーの業務を管理・監督しています。そうした立場から重視しているのが、メンバー個々の長所を生かし、最高のパフォーマンスを発揮できる職場づくりです。コミュニケーションを絶やさないこと、常に公平であること、相手の意見を否定しないこと、などを心掛け、誰もが発言しやすい環境をつくることが、組織としての効率・成果を高めるのはもちろん、メンバーの成長を促すと考えています。広い視野と豊かな発想、強いリーダーシップを備えた「経営人材」の育成は、グループの最重要課題の一つ。そうした認識のもと、メンバー全員が日々の経験を糧に大きく飛躍していけるよう、リーダーシップを発揮していきたいと思います。

第三事業戦略室のmission

西武グループは首都圏を中心に国内各地に不動産を保有しています。
西武ホールディングス第三事業戦略室は、グループ会社の西武プロパティーズと連携しながら保有不動産の価値創造に取り組んでいます。 西武ホールディングスは、グループの保有する不動産価値をより高めていくため、不動産事業の戦略立案を担い、その戦略にのっとって西武プロパティーズが不動産開発や保有不動産を運営をしていきます。