総合企画本部 経営企画部 経営戦略室 マネジャー

グループのポテンシャルを
最大化するための策を練る。

Q1現在の仕事内容は?

西武グループの「舵取り役」として、戦略の立案を担う。

持株会社である当社の使命は、西武グループのグランドデザインを描くこと。なかでも私の所属する経営戦略室は、その名のとおり、グループ全体の経営戦略の立案を担う、まさに「舵取り役」と言えます。私たちが策定した指針を起点として、各事業会社の経営計画がつくられていくわけですから、責任は重大です。その際に重要なのが、どこか一つの事業会社に力を注ぐのではなく、グループ全体を俯瞰し、各社のシナジーを最大化していくこと。これだけスケールの大きな絵を描けるのはホールディングスならではの魅力だと感じています。

Q2仕事のテーマは?

グループのポテンシャルを最大限に生かすため、
会社や事業の枠を超えた連携を。

現在注力しているのが「グループ横断型の戦略・施策の推進」です。西武グループの経営資源を生かしてグループ内外との新結合(connecting)を生み出し、私たちとともに歩む人々の新たな感動の創造に挑戦するためには、環境変化を見据えた戦略を各社が共有し、相互に連携しながら取り組んでいく必要があります。そこで、社会のパラダイムシフトを見据えて「インバウンド」「シニア」「こども」といった注力ターゲットを設定。その需要を最大限に取り込むために、各社、各事業の強みやアイデアをもち寄り、自由な発想で融合させることで、新たなビジネスモデルの創出につなげていくことを目指しています。

Q3今後の目標は?

多様な人材が互いに高め合う企業風土を、
グループ全体で活性化していく。

今後は、グループに示した方針を、いかに各社の事業に落とし込み、実現していけるかが問われます。言葉で言うのはたやすいですが、会社ごと、事業ごとに状況が異なるなかで目標や戦略を共有するのは、実はとても難しいことです。それぞれの立場や考えを尊重しつつ、根気よく協力を呼びかけ続けることが重要だと考えています。とはいえ、西武グループには、多様な事業で経験を積んできた多彩な人材が集まり、互いに刺激し合うことで組織全体の価値を高めてきた風土があり、その強みを発揮すれば、必ずや実現できるはず。そうした価値向上をグループ全体に促し、実現していくことも、舵取り役である私たちの使命にほかなりません。

経営戦略室のmission

経営戦略室は、グループ全体の経営方針・戦略を立案・推進する部署です。西武グループ各社が、社会を豊かにするサービスを提供し続け、グループ全体の価値を高めるための経営計画を立案し、グループ全体に展開しています。グループ全体の舵取りをするにあたって、「社会」と西武グループとの接点に目を向け、その関係性の変化を的確に捉える必要があります。そのために、グループ各社の経営陣との緊密な連携を図っています。