一人ひとりの成長をサポート

人材開発

「主体的に判断し、行動できる人材の育成」

がグループ共通のテーマ

西武グループでは、各社共通の人材育成テーマとして、「主体的に判断し、行動できる人材の育成」を人材ビジョンとして掲げています。グループ各社が人材ビジョンに則って、階層別・専門研修などをおこなっています。また、西武グループ共通の研修(「公募型研修(財務・法務・コミュニケーションなど)」「通信教育講座」「会社事業解説講座」「ダイバーシティカレッジ」など)により、グループ全体での育成にも力を入れています。

また、近年は、公募型研修に新しく英語や中国語などの研修を追加しました。2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催を控え、西武グループは政府の目標である「観光立国」を一歩進めて「観光大国」を目指し、そのトップランナー・フロントランナーとなりたいと考えています。環境の変化を捉え、関心をもち、対応していく力を高めるため教育の一環として語学力の向上や異文化理解(顧客理解)に力を入れています。

西武グループ各社の人材開発については、各社のページをご覧ください。